自然体で。ありのままの私で。
ヨガライフが教えてくれた
しなやかで芯のある生き方

カラダだけでなくココロも関わりたい
「Lapure(ラープレ)」代表
森 初世

ヨガと向き合うように
なってから、ココロの波が
穏やかになった

きっかけは、ひとり目の出産前に通ったマタニティヨガ。
レッスンを通して、ヨガはココロのメンテナンスに効くことを実感し、ふたり目の育休中にインストラクターの資格を取得しました。働きながら子育てするのに一番ストレスのない生き方を考え、たどり着いたのが、「フリーのヨガインストラクター」という道。人生初めてのフリーランスだったせいか、いい意味で、こわいもの知らず(笑)!
レッスン会場探し、生徒さんの集客、HPの制作etc。すべて一人で走り続け、ここまできました。

ヨガと向き合うようになってから、カラダが健康でいられること、時には忙しさに流されそうになるけれど、ココロの波がいつも穏やかで、家族に対して感情だけでぶつかるようなことがなくなったこと、そして何よりも、レッスンを通して生徒さんたちと一緒に成長できること……。日々、喜びや感謝がいっぱいです。だからこそ、全力で取り組めるし、いつも、「どうしたらもっとよくなるか」を考えている。あくまでも、自然体で。そして、ありのままの私で。

“思考”に目を向けたら、
純粋に幸せな生き方や考え方が
できるように

今、以前から興味があった「マインドフルネス」(=ココロのエクササイズ)や「メディテーション」(=瞑想)について学んでいます。先生から教えていただいたり、仲間との勉強を通して、自分自身の“思考“や心の持ち方に目を向けるようになりました。

これまでの私は、「自分ががまんすることで皆が楽しくなれる」…といった、自己犠牲的な思考のクセがありました。でも、そうじゃない。「“がまんをする幸せ”ではなくて、“ありのままでいられることの幸せ”を考えていいんだ」と気づき、心が解放されました。
どんな時でも、ハッピーなことを発想できる自分でいたい。
日々のレッスンでも、生徒さんたちと、カラダだけでなくココロも関わる時間を共有するようにしています。

野菜や果物は、元気の素。
スムージーで一日の
スタートをヘルシーに

ベジタリアンというわけではないけれど、10代の頃から、お肉やお魚よりも、野菜や果物が大好き。四季を通じて野菜を積極的にとり、生のままサラダボウルにして食べるのはもちろん、セイロで蒸したりスープに入れたりして、旬の風味を楽しんでいます。

コップ一杯でたくさんの種類の野菜や果物の栄養を摂取できるスムージーは、まさに、私の元気の素!忙しい朝、時間がない時も、野菜や果物をカットしてブレンダーに入れ、スイッチを押すだけで、ヘルシーな食卓を彩ってくれます。今日は、サラダほうれん草、梨、オレンジ、キウイ、レモンで作りました。

Greenwizで作るスムージーは、なめらかで口当たりもよく、子どもたちも主人も大好きなんです。特に子どもたちは、形のある野菜や果物がスムージーになっていく過程に興味津々!操作がカンタンで使いやすいので、子どもたちと一緒にスムージーを作ることも、朝時間の楽しみのひとつです。

ヨガと向き合う時間も、家族で過ごす時間も、地に足をつけて、元気に、前向きに、笑顔で過ごしたい。Greenwizは、こんな私を支えてくれる、大切なパートナーです。

PROFILE
森 初世

ヨガインストラクター/スマイルヨガ講師。2013年「Lapure(ラープレ)」を設立。
しなやかで芯のある女性のロハス&リラックスライフを提案するヨガクラスやイベントを主宰。
女性のライフステージに合わせた心地良い生活に興味を持ち、ファッション、ヨガ、子育ての分野にて執筆をする。
著書他、TV、ラジオ、雑誌など多数メディアに取り上げられる。